• ホーム
  • 薄毛予防に効果のある食事

薄毛予防に効果のある食事

2019年09月20日
脱毛を心配している男性

薄毛予防のための食事としては、栄養バランスのよい食事であることが基本として必要です。
何かだけを食べて髪の毛が生えるということはありませんので、ワカメばかり食べていても薄毛予防にはなりません。
栄養のバランスのとれた食事を心掛けましょう。
髪の毛を作るためにはたくさんの栄養が必要です。
髪の毛の素となるものとしては、タンパク質があげられます。
肉や魚、卵や乳製品、大豆や大豆製品からタンパク質を摂りましょう。
脂肪分の取り過ぎもよくありませんので、肉より魚のほうが向いています。
大豆や大豆製品は、タンパク質と共に、ホルモンバランスを整えてくれる大豆イソフラボンを摂取することができます。
髪の毛を作るためには亜鉛も重要ですから、薄毛予防のために亜鉛を多く含んだうなぎやいわし、牡蠣などの貝類、アーモンド、海藻類、納豆、牛もも肉や豚レバーなどを食生活に取り入れると良いです。
B1、B2、B3、B5、B6、B12、葉酸などビタミンB群も大切です。
レバーや卵、大豆、乳製品、かつおやマグロ、バナナ、ピーナッツなどナッツ類、玄米、卵などビタミンB群の含まれている食品も意識しましょう。
活性酸素を除去してくれる抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eも大切です。
ビタミンAは緑黄色野菜やレバー、うなぎなどから摂ることができますし、ビタミンCはかんきつ類やイチゴといったフルーツ、野菜などから摂ることができます。
ビタミンEは、ナッツ類や魚介類、ごまなどから摂ることができます。
何かだけ食べる薄毛予防では栄養が偏ってしまいますので、栄養バランスを考えたメニューを意識しましょう。
栄養は何かあると消耗されてしまいますので、加工食品やスナック菓子など食べると他の栄養の消耗が考えられるものは控えたほうが賢明です。